「となりのトトロ」の感想。私…快適さに執着しすぎてた?

雑記

金曜ロードショーで何度もやっている「となりのトトロ」。

久々に子供とじっくり見てみました。

「大人になった今思うことは、子供のころとすこし違う…」

という方も多いのでは?

私も、「やっぱりワクワクしてホロリとして好き!」と思いながら、

アラフォーの母としてなんだかモヤモヤすることが・・・。

家がものすごくぼろいよね

テラスの柱、腐ってるけど白アリとか大丈夫なのかなって。

あのボロが面白いんだけどね。それに腐ってるのは外の柱だけで

住んでるとこは大丈夫なのかもしれない。

あと、立て付け悪いのか、窓なかなか開かなかったね。

家事も大変だし

お風呂に入るのに薪…。

薪割したり、木の枝拾ってくるんだよね。

あと洗濯物をすごい高い位置に、棒を使ってかけてたけど、なんでなんだろう?

炊事場も寒そう…。

めっちゃ蚊に刺されるだろうし、ムカデも出る。間違いない。

でも・・・楽しそうなのだ

すごく不便で、快適の反対のはずなのに

なんか楽しそうだった。

すごく気持ちよさそうだった。

「なんでだー」

っていうのがモヤモヤの原因。

何のための時短だっけ?

住宅は高気密高断熱で快適に。家事導線を考えて。シロアリ対策もしなければ。

洗濯は乾燥機付きだから干さなくていい。

食器だって機械が洗ってくれる。

こうすればもっと快適に、もっと時短になるぞ!

その方がいいに決まってる!

って思ってきたけれども。

いや、快適のがいいけどね。でも、それなりでも楽しいのかなって。

時短時短と追い求めて来たけど、何の為だったかなって。

子供が小さいときは、少しでも自分の時間を作るためだった。

ぼ~っとテレビ見る時間とか、自分のこと考える時間が欲しかった。

でも今、時間に余裕が出てきて、時短した時間を何に使いたいんだっけ???

楽しいこととか自分の興味あることしたい…!

そう、その為の時短だったわ。つい目的を忘れてしまう。手段ばっかり追い求めて。

家事も楽しいのかもしれない

楽しいことってなんだろうって思うと、

家事を丁寧にゆっくりやるのも楽しいことなのかもしれない。

草壁家を見てそう思えてきた。

時間に追われていなければ、

人と比べなければ、

家族みんなでやれば、

家事自体を楽しめれば、

なんだか草むしりも床掃除もできそうな気もしてくる。

家事への嫌悪感がゆるんだ

やりたいことがあるなら、やりたくないことは時短。

それは良し。

でも、「家事はやりたくないこと、嫌なこと、敵!!」

っていう考えが

少しゆるんだのでした。


快適さの追求も、「絶対こうでなきゃ!!」

ってことないなって

ふっと力が抜けたのでした。

結果、となりトトロっていいな。

子供のころは、冒険のワクワクとか猫バスのふわふわに惹かれ…

今は凝り固まった快適さへの執着をほぐし…

どの年齢で見ても癒されるなあ。

雑記
スポンサーリンク
greenをフォローする
ブログてさぐり中
タイトルとURLをコピーしました